【Angel Beats!】を全話無料で高画質かつ合法的に見る方法

あなたはまだ違法サイトでアニメを見ているんですか?

そう言われてドキッとする人は少なくないはずです。
実際に僕の友達も違法サイトでアニメを見続けています。良くないですよね。
もちろん僕は、きちんとしたサービスを使っているので胸を張って言えます。

さて、今回は「Angel Beats!」を無料高画質合法的に見る方法を紹介していきたいと思います。


Angel Beats!

「Angel Beats!(エンジェルビーツ)」は2010年に放送されたアニメです。
泣きゲーでお馴染みのKeyビジュアルアーツが制作に携わった作品で、いわゆるKey作品と呼ばれています。

キャッチコピーは「――神への復讐。その最前線」。
なかなか唆られるキャッチコピーですね。タイトルも最後まで見ない限り謎なので奥深い作品です。

作品概要
話数:13話
ジャンル:学園ファンタジー
略称:AB
原作:アニメ

 

全話無料で見られるサービス!

hulu


huluは、月額1,007円(無料体験あり)で人気アニメや映画、テレビ番組などが見放題なサービスです。
特に、新しいコンテンツがどんどん追加されていくので飽きることはなく、暇つぶしにも最適です。
お目当のアニメもきちんと全話見ることができます!

huluのイチオシポイント
無料体験が2週間可能!
50,000本以上が見放題!
HD画質の映像で視聴可能!
色々なデバイスで視聴可能!

 

ビデオパス


ビデオパスは、au IDに登録されている方だけが登録できる超お得なサービスです。
月額607円(無料体験あり)で利用でき、テレビで見逃してしまった新作のドラマやアニメなども見放題ですぐに見ることができます。
お目当のアニメもきちんと全話見ることができます!

huluのイチオシポイント
無料体験が30日間可能!
10,000本以上が見放題!
毎月1本新作レンタルが観られる!
色々なデバイスで視聴可能!

 

キャスト紹介

音無結弦:神谷浩史

仲村ゆり:櫻井浩美

天使  :花澤香菜

 

スタッフ紹介

監督   :岸誠二

脚本   :麻枝准

キャラデザ:Na-Ga

 

違法サイトを使ってはいけない理由

なぜ、違法サイトではなく合法的なサイトを使わなければいけないのか。
理由は大きく分けて4つあります。

1つは安全面での問題です。

よく違法サイトを使うとコンピューターウイルスに感染すると言いますが、あれは本当です。
セキュリティーが甘いデバイスを使っていると、すぐにウイルスに感染してしまいます。

具体的にはカメラを乗っ取られて勝手に撮影されてたり、大事なパズワードが抜き取られたりします。
これは実際にあった話のごく一部なので、もっと酷い事例もあったりします。
そうならないためにも、事前にこういうサイトは避けた方が良いですね。

2つ目は法的な問題です。

違法サイトに投稿されている動画を見ることは確かに違法ではないのですが、それをダウンロードすると完全に違法になります。
そして、その合法と違法の境界線の区別は極めて難しいのです。

難しい話になりますが、違法サイトにアップロードされた動画を閲覧して生成されたキャッシュファイルというものを移動させただけでも違法になります。
少しの操作ミスでも違法行為になりうる危ないサイトだということは理解して頂けたでしょうか。
さらに、最近では国も操作能力も上がってきているので、そういった違法行為がバレてしまうことも珍しくないのだとか。
犯罪者になりたくなければ違法サイトを利用するのは絶対にやめましょう。

3つ目は文化の発展の阻害です。

これは、文字通り文化の発展を阻害することです。
具体的に言えば、アニメや漫画の売り上げが落ちて新しいコンテンツを作るのが難しくなります。
違法サイトを利用している人はそこまで深く考えていないでしょうが、一人一人が気を直していかないといずれ大変なことになりますよ。

実際に先日「漫画村」という違法サイトが強制閉鎖されてから、某漫画家の印税が2倍以上に膨れ上がったそうです。
その時はTwitterでかなり騒がれていましたね。
このように、違法サイトは実際利益を得るべき人から利益を毟り取っているのです。
自分たちのエゴでこのような事態にしてはいけません。

4つ目はマイニングに利用されることです。

マイニングってあまり聞きなれない言葉だと思うので簡単に説明します。
「マイニングに利用されている」という状況は、あなたが使っているデバイスの動力を使って違法サイトの管理人が仮想通貨を受け取っていますよ。という意味です。

詳しいことはここで言っても難しいのですが、仮想通貨にはデバイスの動力を使うことで通貨が貰えるとというシステムが存在しています。
それをサイト訪問者にさせるプログラムを潜伏させておくことで利用者のデバイスの動力が使われるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です