謎のポリシー違反にかかるブログだったけどアドセンス審査受かった話

どうも、はるかす(@mametyralove)です。

このブログにはアドセンス広告がついていますが、実は以前まで謎のポリシー違反で全く審査に通らなかったんです。

謎も謎で、アドセンスのポリシー違反に関するサイトを見ても絶対的にポリシー違反をしているはずがないのにずっと謎のポリシー違反でアドセンス審査から落ちていました。

僕は同じ境遇の人をずっと探していましたが、一人も見つかっていません。

その時点でブログから撤退する人がいるのでしょうか。

それなら僕が救いたい!僕がアドセンスに受かった方法をここでは伝授して行こうと思います。

僕の場合は約1週間の準備で受かることができました。

それでは行きましょう!

ポリシー違反

このポリシー違反がなければ大丈夫

そもそも最低限のポリシーが守られていなければ、もし審査に通った後でも速攻に運営に広告の制限をされてしまいます。

また、万が一アカウントが削除されてしまうと今後一生グーグルアドセンスを利用することができまくなってしまうのでかなりの注意が必要です。

主に確認すべきポリシー違反は以下の10つです。わかりやすいように書いていますが、正確な情報は公式サイトのポリシーに関するページをご覧ください。

  • 著作権に関する法律などを明らかに破っている
  • 性的な表現がされている
  • 酒、タバコに関することを掲載している
  • 誹謗中傷をしている
  • パクリ記事がある
  • 犯罪の助長をしている
  • プライバシーポリシーページを設置していない
  • 運営者情報を設置していない

これだけ守っていれば受かってからも特に厳しく言われることはないと思います。

もちろんアドセンスポリシーを全て守ることも大事ですが、多少黙認されている部分があります。

 

それでもポリシー違反になる

ポリシー違反はこれで絶対にないだろう…ポチッ!

1日後、、、
あなたのサイトはポリシー違反をしています。修正してください。

なんで!なんで!

その気持ちは痛いほどわかります。

実際僕もそうでした。

ほんとなんででしょうかね。

僕も未だに謎のままなんですよ。

 

アドセンスに受かる方法

アドセンスのこの仕組み知ってる?

実はアドセンスは一度審査に受かると、自分が持っているどのサイトにでも広告が貼れるようになります。

知っていましたか?

つまり、他のサイトがアドセンスに受かれば謎のポリシー違反を受けている貴方のサイトにもアドセンス広告が貼れるということです。

僕も謎のポリシー違反を受けていた状態のまま広告を貼っているのですが、ポリシーセンターからは何も警告が来ていません。

「でも他のサイトって新しいサイトを作るの?それは時間かかるくない?」

っていう声がなんとなく聞こえてきそうですが安心してください。

すぐにできます。

 

サービス型のサイトを作る

これを見ている方はブログを運営している方が多いと思うのですが、一度ブログから頭を外しましょう。

サービス型(勝手に命名した)とは、ブログのような1記事1記事文字を沢山書いていくようなものではなく、何かテーマを決めてその情報を簡単にまとめるサイトです。

ちょっと説明が下手くそだったので僕が作ったサイトを例に出します。

それがこちら。

「超性格分析」というアプリで特定の誰かと相性診断ができるので、アニメのキャラクターの性格診断をしてそのキャラと相性診断ができるようにIDを貼った。
1キャラにつき1ページ作成し、コピー&ペーストを駆使して50個ほど量産した。
ちなみに文字はほとんど入れていない。
その後、プライバシーポリシーや運営者情報などの必須項目を満たして1週間ほどで完成。

わかりましたか?

同じようなページをいくつも作ってそこでそれぞれの価値を提供したのです。

こうすれば1週間程度でサイトが出来上がり審査に出せば1日程度でアカウントが有効になりました。

その時はすごく嬉しかったですね〜

 

まとめ

  • 謎のポリシー違反は解消が難しい
  • 他のサイトで受かってもブログに広告入れられる
  • サービス型のサイトを作れ
  • 文字が少なくても問題ない
  • 1週間もあれば余裕で受かる
  • 謎のポリシー違反は影響しない

このくらいでしょうか。

もしサービス型のサイトの作り方がわからない方は「自分の好きな分野」「量産」できて「わかりやすい」情報というものを探してみると良いかもしれません。

きっと見つかるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です