【修復・対応】WordPressでブログをAMP化したら色々おかしくなった件

どうも、はるかす(@mametyralove)です。

先日GoogleAdsenseの神から珍しく通知がありました。その内容はAMP化したら表示速度速くなってオススメ〜とのこと。

神の言うことなので間違いないと確信した僕は、すぐさま通知に記載されたプラグインを言われるがままにインストールし有効化しました。しかしすぐにそれが裏目に出ます。

今回はワードプレスでAMP化をした時に発生する弊害とAMP化の戻し方、その後の対応について解説していきたいと思います。

是非とも参考にしてみてください。

 

こんな人にオススメ
  • AMP化しようか悩んでいる人
  • AMP化して困っている方
  • アクセス数が減ったと感じている方

AMP化で起きること

モバイルでテーマが非表示になる

僕がこれに気がついたのはツイッターに記事URLを投稿した時です。自分で見てみたらテーマが非表示になっていて驚きました。

▼1枚目が正常で2枚目が不具合▼

 

当ブログではストークという有料ワードプレステーマを使っているのですが、その要素が全て消えています。

僕の記憶では右の画像がテーマ無しのワードプレスの見た目なので、やはりテーマが非表示になっていることがわかりました。

ところがパソコンで見てみたところ異常はなく、モバイル端末でアクセスした時だけテーマが非表示になるようです。

 

アドセンスが非表示になる

これヤバイですよね。何がヤバイってアドセンスがオススメしてきたプラグインを使ってアドセンスが消えるんですよ。

少しこの現象について調べてみたところ、他のワードプレステーマでも起きているようなので恐らくプラグインのせいだと思います。

こちらもモバイル端末でアクセスした時だけみたいですが、そこでAMP化したページ全てで収益化できなくなるのは痛いですよね。

 

アクセス解析ができない

AMP化するとURLの後に/amp/が付きます。つまり、ページのURLが変わるみたいです。

例えばこのページをAMP化していると「http://harukayoshioka.com/blog/wp-amp-break/amp/」になります。

恐らくURLが変わるせいでアクセス解析コードが上手く働かなかったのでしょう。AMP化していきなりPV数が減ったように思たらきっとこのせいです。

しかし、これはアクセス解析できるようにする方法があったはずなので引き続きAMP状態を維持したい人は調べてみてください。

 

AMP化を戻す方法と後始末

  1. AMP化プラグインを削除
  2. リダイレクト対応

この手順を踏めばAMP化を元に戻すことができます。

AMP化プラグインを削除するだけではいけません。なぜなら/amp/のURLはそのまま残っているので、検索エンジンから飛んでもページが見つからないと出るだけだからです。

したがって、検索エンジンがインデックスするまでは/amp/に飛んでも元のページに戻るようにしなければいけないのです。

それをリダイレクトと呼びます。

 

AMP化プラグイン削除

これはワードプレスを使っていると自然に覚えると思うのですが、一応解説しておきます。

ダッシュボード>プラグイン>該当プラグインを停止

これでAMPのプラグインを止めることができました。もういらないと思うので、ついでに削除してしまっても良いですね。

 

リダイレクト設定

リダイレクト設定は簡単です。FTPソフトかサーバーのファイルマネージャーを開き、

ドメインファイル>public_html>.htaccess

こちらのファイル.htaccessを開いて編集します。

恐らくファイル内の四行目に以上の文があると思うのですが、この一行下に以下の文を追加してください。

保存すれば例え検索エンジンからAMP化されていたページに飛んでも元のページにリダイレクトされます。

AMPページに一度飛んでしまうのは防ぎようがないので数秒間エラーメッセージが表示されます。

そこで離脱してしまう可能性はありますが、そこは検索エンジンがインデックスするまで待つ他ないです。

参考ページ:【初心者向け】AMP化をやめて,正規ページにリダイレクトする方法 | と〜げのブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です