【YouTube】コンテンツIDについてわかりやすく解説!著作権はどうなるの?

どうも、はるかす(@mametyralove)です。

YouTubeを見ていると、曲のコピー投稿だったり、メドレーだったりを作って人の音楽を勝手に投稿している人を見ませんか。

僕は結構YouTubeを見るんですが、公式のチャンネルではない個人のチャンネルが有名アーティストの曲の動画を投稿しているのをよく見ています。

新制度ができる前はそのような動画を見るのは控えていましたが、その制度を知ってからは積極的に視聴するようになりました。

今回はその著作権に関する新制度の内容と、僕が積極的に視聴するようになった理由を解説していこうと思います。

難しい内容はYouTubeヘルプのこちらのページに記載されていますが、こちらではそれをわかりやすく解説いたします!

コンテンツIDについて

コンテンツIDとは

コンテンツIDとは、コンテンツの著作権保持者がYouTube上の著作物を特定して管理ができるシステムのことです。

例えば、自分の作った曲をYouTubeのコンテンツIDに登録しておくと、他の人から不正利用された際にその動画を削除したり、その動画に広告を載せて自分の収益にすることができたり、その動画の情報を受け取ることができます。

これらは国単位で設定を変更できるので日本国内では収益化し、他の国ではブロックするといったことも可能です。

 

コンテンツIDの技術

コンテンツIDにはとても凄い技術が利用されています。

誰かがYouTube上に動画投稿した際にコンテンツIDに登録されているコンテンツの波形やらなんやら(詳しくは知らない)を照合してスキャンします。

もしそれが一致した場合、著作権保持者はどのように対処するかを決定できるわけです。

削除したり、動画に広告をつけて自分の収益にしたり、自由に対処することができます。

 

コンテンツIDを利用する

コンテンツIDを利用するには、YouTubeのが定めたある一定の基準に達していれば申し込むことができます。

しかし著作権関連はかなり難しいようで、中々コンテンツIDを取得するのが難しいようです。

音楽家の近藤薫さんが実際に体験された事例をオフィシャルブログで紹介されていたので気になる方は是非ご覧ください。

Youtube 「Content ID」 の便利と不便。自分の曲なのに利用できないなんて!? | 音楽で生きていく。

 

コンテンツIDができた理由

一応ちゃんと調べたつもりなのですが、中々公式の情報が出てこなかったので完全に憶測です。

コンテンツIDができる前は著作権を侵害したコンテンツが充満していました。

それをいちいちYouTubeに報告しなければいけない著作権保持者が沢山いるのが現実で、それをYouTubeは対応しなければいけない。

これではYouTube側も大変な作業ですし、著作権保持者は良い気分ではありません。

そこでコンテンツIDのシステムを採用すれば、YouTubeの負担は減り、著作権保持者は削除と収益化の選択ができます。

Win-Winの関係が作れるわけです。

不正アップロードが無くなれば一番良いのですが、現実的な話ではありませんからね。

 

YouTube上にある音楽

非公式である場合が多い

著作権保持者自身の公式のチャンネルが出している音楽動画もありますが、YouTube上にある音楽動画のほとんどは著作権保持者ではない人が投稿したものです。

そのほとんどがコンテンツIDにより申し出を受けており、消されているか広告がついて全ての広告収益は著作権保持者に付与されています。

 

コンテンツIDの有無の見分け方

例えばこちらの動画で見てみましょう。

YouTubeサイトやアプリにアクセスして動画の概要欄をみるとコンテンツIDによって申し出がなされているかを確認することができます。

以下のようなことが書かれていればコンテンツIDによってYouTubeに使用を許可しているコンテンツということになります。

これはYouTubeの全ての動画に通じる話なので、公式のアカウントにもついているはずです。

音楽動画なのにこの表記がない時は、

  • コンテンツIDに登録していない
  • 音に雑音が入っている
  • 音を編集している

などの理由でスキャンできていない可能性があるので公式ではない場合、YouTubeに報告するのが一番良いでしょう。

 

これからのこと

YouTubeのコンテンツIDについては理解できましたでしょうか。

コンテンツIDができる前までは広告収益が動画投稿者に付与されるので見るのは避けていましたが、コンテンツIDができてからは著作権保持者に収益が入るようになったので積極的に視聴するようにしています。

不正アップロードから始まったことなので少し疑念が残ってはいますが、動画が上がっている以上は著作権保持者に収益ができるだけ得をするようにしたいのでこれからも視聴することにします。

未来の音楽市場はまだどうなっているかはわかりませんが、僕はYouTubeのコンテンツIDの方式が続くと思っています。

何か間違いや勘違いがあればツイッターから教えていただけるとありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です