集中力を上げる部屋の片付け方

あなた
最近、仕事の集中力が全然続かなくて…
ヨシオカ
どうも、ヨシオカ(@Sinri_HY)です。今回は集中力が上がる部屋の片付け方を解説していきます!

こんな人にオススメ

  • 集中力を上げて作業を効率化させたい方
  • 片付けをしたいけどどうすればいいかわからない方
  • 子供に片付けをさせたい方

僕の作業部屋

まずは僕がキチンとできていないといけませんからね。どういう部屋かご紹介します!

全体図

机周り

恐らく皆さんは「もの少なっ!」と感じたはずです。実はこれが大事だったりするんです!

その他にも重要なポイントがいくつかあるので解説していきます。

ポイント

  • 誘惑がない
  • 緑色と青色が多い
  • いつでも水が飲める
  • 立って作業ができること

 

誘惑がない

見ての通り僕の部屋にはほとんど物がないですよね。

実はそんなことでもないんです。見えていないんですが、部屋には押入れがあって、その中には本やCDが沢山入っています。

重要なことは目の見える範囲に物が少ないということです。

人間はほとんどの情報を目から受け取っています。なので物が多いとそれだけ情報量が増えて気が散ることになってしまうんです。

部屋にマンガやゲームがある人は速やかに目の見えないところにしまいましょう。使うときに出して使わないときはしまう。片付けの鉄則です。

こういう風に必要最低限の物以外は閉まっておくのがベストでしょう。

 

緑色と青色が多い

なんとこの2色は部屋の色の中でも特に良いとされている色なんです!

緑色は、気持ちを穏やかにしてリラックスさせてくれる色です。

作業をしていて「ちょっと疲れたな~」と感じたときに緑色があることで、目と脳を休ませることができます。

部屋の基調色にすると良いでしょう。

青色は、集中力を上げてくれる色です。

文房具やインテリアの色にすると良いでしょう。

実は最近スポーツでも青色が使われるようになったんです。

それは競技場のトラックです。まだ全ての競技場が変わっているわけではないのですが、どんどん変わってきているそうです。

青色のトラックにすることで、スタートダッシュ時に必要な集中力が上がりますね。

 

いつでも水が飲める

水を飲んだら頭にいいというのはなんとなく感覚で理解している方がいるかもしれません。

しかし、水を飲むことで頭の回転が速くなることがわかっています。

どのくらい良くなるのかというと、研究では500mlの水を飲むと反応時間が14%上がりました。

また、これが子供の場合、記憶力と集中力も上がることがわかっています。

こんなに楽に頭がよくなるのであれば、試さない手はありませんね。

 

立って作業ができること

きっと「何言ってるの…?」というのがあなたの本音でしょう。

たまにスタンディングデスクというものを耳にしませんか。まさにこれのことです。

立って作業をする。これは科学的に見ると正しい方法で、立って作業をした方が意思決定力が5%~30%上昇することがわかっています。

また、立ったまま足踏みをしながら作業をすることが良いとされています。運動しながらだと、動いていない時よりも記憶力が上がるからです。

つまり、立って運動しながら作業するというスタイルが一番効率が良いということになります。

 

まとめ

私たちが部屋の片付けをする際に意識することはこの4つです。

  • 誘惑をなくす
  • 緑と青を多くする
  • その場で水を飲めるようにする
  • 立って作業できるようにする

これを実践することによって、もしいままであなたがだらけていたならそれが改善し、作業にも集中して臨むことができるようになります。

集中力を上げる=時間を有効活用する

という意識を持ちましょう。1日24時間は決して長い時間ではありません。

 

参考:メンタリストDaiGo:メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です