【体験談】僕が犬が大嫌いになってしまった話

どうも、はるかす(@mametyralove)です。

僕は犬が大嫌いです。

なぜ嫌いなのか?
なぜ嫌いになったのか?

これらはちゃんと説明できるレベルで嫌いなのです。
わかりやすく言うと、明確なきっかけがあって犬が嫌いになりました。

今から家で犬や他のペットを飼おうと考えている方は十分注意してこの記事を見て頂きたいです。
もしかしたら家族がペット嫌いになってしまうかも知れません。



前まで犬は好きだった

昔は犬に寄っていった程好きだった

ある出来事が起きるまでは凄い犬が好きだったんですよね。
犬とすれ違う度に寄っていって可愛い可愛いと撫でたりしていました。

あ、小学生の頃ですよ。
流石に大きくなってからはできませんよね。

ともかく、犬が嫌いな要素は何ひとつなかったんですよ。

他の動物もOKだった

もともとは犬以外の動物が苦手で、犬も苦手になっただけじゃないのとか言われそうなので一応触れておきます。

僕は犬でも猫でもハムスターでも馬でもカモノハシでもなんでも平気でした。
(カモノハシは触ったことないですごめんなさい)
(あと虫は無理)

なので動物が嫌いなんてことはありません。
そんな人が一瞬で犬嫌いになる出来事が起こったんです。

 

犬嫌いになった出来事

噛まれた

はい。噛まれました。

それだけ…?
って思うかも知れませんが、それだけで人は犬嫌いになるんですよね。

ただ、結構大きな傷だったんですよね。
今まで傷が残っていると言うことはありませんが、血が結構出てまして。
凄く痛かったのをいまでも覚えています。

確か芝犬だったと思いますが、丁度上の画像の犬くらいの大きさでしたね。
膝をガブッとやられてしまいました。

近づいたのは僕

仕方ないじゃないですか。
可愛かったんですもん。

当時はね。

その時僕は小学校3年生。
何も考えずに散歩されていた犬の元に駆け寄り撫でていました。

そしたらやられたんですよね。
3分の2くらい僕が悪いんですよ。

あれが無ければ僕は今頃犬が好きだったのに…
正直なところあまり後悔していませんが。

 

犬が嫌いな人

犬嫌いの根本は「怖い」

僕が知っている犬嫌いの人の全員が嫌いな理由としてあげるのが「怖い」です。
昔襲われた経験があるだとか、襲われそうだからとか怖いから嫌いなんですよね。

したがって主に嫌なことは、犬に近づくことです。
近づくと襲われると感じてしまうんですよね。
これは仕方ないのです。

たまに「可愛いじゃーん」とか言われることありますけど、ふざけるな馬鹿。と。
怖いんだよ。と。
やめろ。と。

写真で見るのは良い

写真や映像で見るのは全く問題ないんですよね。
そりゃそうですよね。
物理的にやられるのが怖いんですから。

写真や映像だと、僕でも可愛いと思いますよ。
怖くないんでね。

よく考えたら当たり前のことで、犬の形が気持ち悪いとか思う人はいないはずですからね。
もしかしたらいるかも知れないので、その時は見ることを強要したりするのはやめましょう。



最後に

家でペットを飼おうと思っている方はわかりましたか。
しつけるのはとても大事なことなんです。

子供が噛まれちゃったりしてペットのことが怖くて仕方ないとか絶対辛いじゃないですか。
そんなことにならないように、みんな仲良くできるようにやっていって見てください。

ちなみに僕は犬のしつけについては何も知らないので質問しないでくださいね笑

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です