生活の質を上げるのが馬鹿馬鹿しいと思う話

どうも、はるかす(@mametyralove)です。

先程、弟と話していて面白い話題になったのでそのことについて書きます。

話題は生活の質を上げるのはどうなのか?というものです。

お金をいっぱい稼いで毎日美味しいものを沢山食いたい。買いたいものを沢山買いたい。
はるかす
真逆だなぁ。生活の質を上げるのは自分的にはありえない。稼ぎたいには同意だけどね。

確かにお金を稼いで生活の質を上げたいというのはわからないでもない。しかし、それは良い考えではないと僕は思うんです。

経済面で見るとお金はどんどん使った方が良いのでしょうが、使ったお金は全部違う形となって自分にリターンが来るのでしょうか。

否です。否々の否。

大抵は1人でどうなるといった話ではない。では自分に直接的なメリットは何があるのか。

 

欲を満たすことができる

 

全てはこれに辿り着くのではないでしょうか。美味しいものを食べて欲を満たし、欲しいものを買って欲を満たし、マウントを取って欲を満たす。

方法は違えど全て欲を満たすための浪費なんですよね。

ただし、別に僕はそれが悪いと言っている訳ではないんです。全然いいと思います。

問題はその先にあります。それがこの記事の本題となので時間がある方はお楽しみください。

批判は受け付けますが、全て読んでからにしてくださいね。

生活の質を上げるというと?

生活の質を上げるとは?

ここで言う生活の質を上げるというのは、必要最低限以上の浪費をすることを指すものです。

元々浪費をしていたからさらに無駄な浪費をしないようにすると言うものではありません。

▼ピンと来ない方はこれ見て▼

別に僕が主張したいのは動画で言っていることではありませんが、このような無駄な浪費をしない生活が良いってことです。

この記事では環境に関することは触れません。

 

僕の主張は少しズレていた

ここまで書いてきて気がつきました。

僕は別に生活の質を上げるのが馬鹿馬鹿しいと言いたい訳ではなく、必要最低限以上に浪費するのが馬鹿馬鹿しいと言いたいらしいです。

実際あまり大差はないのでこのタイトルのままいきます。

浪費の何が馬鹿馬鹿しいのか

幸福の基準が高くなるだけ

高額なものを食べ、高額な服を着て、高額な家に住む…

最初は欲が満たされるかもしれませんが、徐々に慣れてくるのは明らかです。数年後、それが当人にとって普通の生活水準となっているでしょう。

これは幸福度の基準が高くなり、普通の生活に対するコストが高くなっているだけではないでしょうか。

それを繰り返して幸福の基準を上げ続けるのは良いライフスタイルとは言えないと思います。

 

転落した時のリスク

人生何があるかはわかりません。いきなり高額の借金を背負うことも0%ではないはずです。

もしそんな感じで何か会った時、一気に生活水準が下がると恐らく地獄ですよ。

なので、お金は使わずに貯金しておくべきだと僕は思うんですよね。

年金が少なくなるとも言いますし、今浪費するのではなく将来のために貯めておくのがいいんじゃないかなと思います。

日本円のまま貯金するか、分散させるかはまた違う話。

 

経済は回さないといけない

そう言うと絶対に全員そんなことしたら経済がマヒする〜とか言う人がいますが問題ありません。絶対にそうはならん。

僕は今を生きる人全員にこれを伝えたい訳では無く、これを見ているあなたの考えるきっかけになれば良いくらいに思っています。

 

別に否定はしない

浪費したい人はどんどんすれば良いと思います。そういう人がいてくれた方がありがたいです。

もっと言うと、将来にもう不安はないくらい稼いだ方はどんどん浪費したらいいと思います。

決めるのは当人ですから。

まとめ

僕が理想だと思うのは、稼げるだけ稼いどいて生活費は超低くして生活が破綻しないように努める事ですかね。

誕生日などの記念日には贅沢をするのは全然有りだと思いますよ。恐らくそうする事で人生の幸福度は高まると思います。

最後になりますが、僕はミニマリストになりたい。月7万くらいで生活したいです。

バイバイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です