オリーブオイルにカビ!?白い沈殿物の正体とは

オリーブオイルを冷蔵庫に入れていたら、こんな白い沈殿物が溜まっていたことはありませんか。

私が最初に見たときは、カビが生えているかと思って焦りました笑

はるかす
どうも、はるかす(@mametyralove)です。今回は、オリーブオイルの中で発生する白い沈殿物の正体について解説していきます。

白い沈殿物

危険なものなの?

結論から言います。危険ではありません!

オリーブオイルの中に白い沈殿物が溜まっていても品質には問題ありません。

問題なく使用することができるので、まずは安心してくださいね!

 

一体なんなの?

オリーブオイルは、冷えるとオリーブオイル内の脂肪酸が固まるという現象が起こります。

これが白い沈殿物の正体です。

決して不純物やカビではありません。

実は、白い沈殿物ができるオリーブオイルは非常に良質なものと言われています。逆に喜んでもいいほどなんですよね。

脂肪酸が固まる温度は約10℃と言われているので、それ以下の温度で管理をしていると白い沈殿物が見られるということになります。

冷蔵庫の中は約3℃以下の状態なので、冷蔵庫で管理をしていると白い沈殿物ができます。

 

元に戻す方法

脂肪酸が固まった状態から元の状態に戻すには、常温で置いておけば戻ります。

ただ、急いでいる場合は画像のように温かい水に入れ物ごとつけておけばすぐに使えるようになりますよ!

 

オリーブオイルの保存

オススメの保存方法

僕がオススメするオリーブオイルの保存方法は、常温です。

いつも調味料を置いているところで保存すると良いと思います。

これから下に保存する際の注意点を挙げておくので良く目を通して置いてくださいね。

 

保存する際の注意点

オリーブオイルを保存する際には以下の3つの注意点を守ってください。

注意
直射日光に当てない

高温の場所に置かない

低温の場所に置かない

オリーブオイルは直射日光をかなり嫌います。最近は光を遮断する入れ物に入っていることがあるのですが、念の為にアルミホイルなどで包んでおきましょう。

高温の場所は、例えば電子レンジの横やIHの横などが挙げられます。高温の場所に置いておくと品質の劣化に繋がるので気をつけましょう。

冷蔵庫などの低温の場所に置いて、脂肪酸をなんども固まらせたり溶かしたりすると、味は落ちないのですが折角の香りが失われていきます。

置く場所が他になければ冷蔵庫でも大丈夫ですが、できるだけ常温で保存して置くようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です