内気な人はテキストベースの会話で異性を射止めよう

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”you.jpg” name=”あなた”]俺は内気だから異性には人気ないんだ…[/speech_bubble] [speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”yoshioka.jpg” name=”ヨシオカ”]どうも、ヨシオカ(@Sinri_HY)です。今回はテキストベースの会話で心理学的に異性を射止める方法を解説していきます![/speech_bubble]

こんな人にオススメ

  • 内向的な人
  • SNSをあまり活用していない人
  • 恋愛上手になりたい人

実際に会うよりLINEの方が良い

ずばり、実際に会って話すより、LINE等のSNSを通じてテキストベースで会話をした方が好感度が上がるのです。

そんなことないって思っていますよね。

ここで、とある出会い系サイトで行われた実験をご紹介します。

【ある大手出会い系サイトで行われた実験、複数のカップルを3パターンに振り分けて親密度を測った】

A:テキストベースのみの会話をしたカップル
B:WEBカメラのみで会話をしたカップル
C:実際に会って会話したグループ

結果:親密度が高い順に、A,C,B

結構驚きの結果ですよね。

では、なぜテキストベースの会話が一番親密度が高まったのかを解説します。

親密度が上がる条件

親密度を上げる条件は極めて単純なものです。

それは、信用をさせることです。

そして、心理学的に相手のことを信用する要因は自己開示にあります。

自己開示とは、相手に自分のことを知ってもらうことで、普通は日々のコミュニケーションの中でされていきます。

つまり、いかに多く自己開示したかどうかが親密度を高める鍵なのです。

でも、なぜ実際に会って話すより、テキストベースの会話の方が自己開示が多くなされるのでしょうか。

感覚的に言うと実際に会う方が自分のことを相手に伝えやすく、相手のことをわかりやすいと思いますよね。

情報量が圧倒的に少ない

テキストベースの会話は実際に会って話すよりも、圧倒的に情報量が少ないのは当たり前です。

相手の表情も読めない、相手の動きもわからない、声色もわからない。

だからこそ、相手にわかってもらうためにより多くのプライベートを自己開示します。

つまり、他の情報がないがゆえに必死になって質の高い自己開示をするのです。

言うまでもないですが、その質の高い自己開示によって無意識に相手のことを信用してしまいます。

なんとなく感覚が掴めてきましたか。

言いたいことがちゃんと言える

もしあなたがラブレターを書いたことがあるならばすぐにわかると思います。まだ書いたことない人も想像してみてください。

あなたはラブレターを一発本番で書くでしょうか。

そんな馬鹿な事はしませんよね。

言葉を選んで一文一文丁寧に書き上げていくはずです。

「この表現は胡散臭く思われないかな」「ちょっと押しが強すぎるかな」

なんて考えたりするものでしょう。

要するに何度も見直して相手に伝えることができるのです。

実際に会って会話する時はどうでしょうか。

うっかりいらないことを言ってしまったということが一度はあると思います。

それもそのはず。

人間は好きな人を目の前にすると、判断能力が麻薬中毒者レベルにまで低下すると言われているからです。

冷静に判断して適切な言葉選びができるのはテキストベースの会話だけなんです。

内向的な人ほど文章で勝負すべし

実は、内向的な人の方が外交的な人に比べて表現力が豊かだと言われています。

なので内気な人ほど最初は文章で勝負するほうが良いのです。

そこがあなたのホームグラウンドです。

そして、話すのが苦手であればとことん質問してあげましょう。

人間が相手をコミュニケーション能力が高いと判断するときは、気持ちよく話させてくれた時です。

的を射た質問とは相手が話したい内容を聞くこと。

相手の趣味や考え方を聞いてあげて、それを深く掘り下げていけば話題ですべることはないでしょう。

まとめ

テキストベースの会話は実際に会って話すよりも自己開示の量と質が増え、相手を信用しやすく、されやすくなります。

それによって親密度が高くなり、望んだ関係を手に入れやすくなるのです。

そして、内気な人ほど文章力を強力な武器として人間関係を作っていきましょう。

もちろん、実際に会って話すのは逃れられないので、そのテクニックは別の記事に書いています。

恋愛カテゴリーを検索してみてください。

 

参考:メンタリストDaiGo:メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」
参考:メンタリストDaiGo「人を操る禁断の文章術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です