【Twitter】プレゼント企画に参加する危険と偽物の見分け方

はるかす
どうも、はるかす(@mametyralove)です。

ツイッターのプレゼント企画ってたまに見ますよね。
「稼いだのでRTしてくれたら◯◯万円プレゼント〜」だとか
「宣伝のためにRTしてくれたら◯◯万円プレゼント〜」だとか。

まぁ脳が正常に動いていればこんなのおかしいという事には気づくはず。しかし、これを危険と考えている人はそう多くないのではないでしょうか。

先日、株式会社ZOZOの前澤社長がプレゼント企画をしていましたが、これをリツイートするのは安全と思う方は少し考えてみてください。


考えてもリスクを思いつかない方はネット辞めた方が良いです。あなたにはまだ早い。

今回の記事はプレゼント企画に参加する危険とプレゼント企画の偽物を見分ける方法をご紹介します。

プレゼント企画に参加する危険

リストに入れられる

適当に言うと騙されやすい人リストです。他人からお金を欲しているような人をターゲットにしてリツイートさせ、アカウントを集めます。

悪い人がそのリストをもとに具体的にどのようなことをするかは想像もつかないほど沢山あります。とにかく、プレゼント企画に参加するとリストに入れられる危険性があります。

どれだけ危険に考えるかは個人の自由です。

他人のものでも簡単に調べられる

前澤社長のツイートをリツイートしている方も、前澤社長とは全く関係のない誰かがリツイート欄からリストに入れるアカウントを探すことは可能です。

何百万リツイートもあるので危険は低いと思われますが、やる人はやるかもしれません。

悪質な手口は最近増えてきて、もう既に自分たちの知らない方法で悪いことをしているかもしれません。ネットは怖い場所です。

偽物の見分け方

完全匿名アカウント

「日本の闇を明かす社長」などいうアカウントが最近量産されてよく見かけますがあんなのどこからどう見ても嘘っぱちですよね。

広告費とも謳っていますが、そもそも広告するものが何もないので有り得ません。匿名でも広告費として有り得るのはそのキャラクター自体が具体的な商品を持っている場合です。

しかし、本当にその人が当選者を出すかどうかはわかりません。

過剰な金額

1500円〜5000円のiTunesギフトやAmazonギフトは、フォロワー増やしで実際にプレゼントしている人は少なくないみたいです。

しかし、何万何十万っていう場合はほとんど全て嘘です。リプライなんて送ると他の人からは冷ややかな目で見られるかもしれないので辞めておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です