ふわっちの投げ銭額から「syamu」さんはオワコンなのか考察する

どうも、はるかす(@mametyralove)です。

先日syamuさんがふわっちで生配信をしました。YouTubeでは無い理由は今YouTubeで投げ銭が出来ないからだそうです。

その日ふわっちで得た収益は約6万円で、今回の記事はその収益をもとにsyamuさんはオワコンなのか、このまま活動して成功するのかというのを考察していこうと思います。

念のため言っておきますが、完全に僕の主観で考察しています。意見に対しての批判等は受け付けませんのでよろしくお願いします。

ふわっちで放送したのは正解か

投げ銭の収入割合

YouTubeLiveで投げ銭された場合とふわっちで投げ銭された場合、どちらの方が収入が多いのかを少し調べてみました。

要は運営側に手数料的な感じでどれだけ吸い取られるのかということですね。

プラットフォーム 手数料
YouTube 3割
ふわっち 約5割

手数料と呼んで良いのかはわかりませんが、投げ銭する側が支払ったお金がYouTubeでは7割でふわっちでは5割ほど入って来るようです。

ふわっちの方は送るアイテムによって配信者への還元率が変わるようなので正確ではありませんが、気になる方はこちらのサイトに詳しく載っているのでご確認ください。

ふわっち配信は良かったのか

syamuさんのYouTubeチャンネルではまだ収益化申請が通っていないので投げ銭ができません。本人もそれが理由でふわっちで配信をしたと言っていました。

しかし、それは勿体ないと思うんですよね。

現状syamuさんの生放送は数が少なく、かなり希少なので視聴者が滅茶苦茶集まります。それを急いで収益性の低いふわっちで行うのはかなりの損失なのでは無いかと感じるわけです。

それに加え、配信開始の時間が17:30とまた微妙な時間。見る人というか見ることのできる人が少なかったのではないでしょうか。

〇〇はせっかち

収益からオワコンか読む

ふわっちで約6万円

ふわっちで6万円ということは、手数料を合わせると全体で12万円ほどのお金が動いたということになります。

ふわっちは言うまでもなくYouTubeよりは視聴者数が少なくなります。恐らく1/2以下には減るのでは無いでしょうか。また、ふわっちに課金してsyamuさんに投げ銭をする人なんてもっと少ないはずです。

YouTubeで配信していたとすればどうでしょうか。視聴者数がふわっちより見込め、投げ銭も気軽にできます。手数料も3割で済む。

これは予想でしかありませんが30万円は超えるのではないかと思っています。

まだオワコンじゃない

ふわっちで12万円も動かした男です。そうすぐにはオワコンなんかにならないのでしょうか。

また、ふわっちのデイリーランキングでは2位にランクインしているほどです。1位じゃないから凄くないというなんて事はありません。

2018年ライブ配信サービスの国内売り上げランキング3位(情報元)の「ふわっち」で、2時間前の告知で平日の17時半から1時間半配信しただけでデイリー2位の成績

普通にやばいでしょう。

まとめ

  • ふわっちで配信したのは失敗
  • syamuはせっかち
  • ただ、ふわっちでも力の強さを見せた
  • まだオワコンではない

僕はsyamuさんがオワコンになる日は毎日投稿し始めた時だと思います。syamuさんに希少価値とつまらなさのレパートリーが無くなったら本当に何も残らないはずなんですよね。

ところで2019年01月19日現在、合計動画本数は5本(1本削除済み)の合計視聴回数は約440万回再生。よく言われている1再生0.1円だとしても月収44万円までいきます。

平均すると1本10万円。生活費を下げれば十分生きていける数字です。このまま下手な事をせずに良い感じの頻度で動画投稿を続ければ全然食っていけると思います。

まだまだsyamuさんはコンテンツとして終わっていない。はよ広告つけろ。

 

PS.どうでも良いけど昔の動画のリメイクとかめっちゃ面白いと思うんですよね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です