【100インチ】壱万円以内で作るホームシアター 買うべき物と作成手順

こんにちは、はるかす(@mametyralove)です。

今度、友人ととあるライブの鑑賞会をしようということになり、数年前に揃えたホームシアター用の道具を取り出してきたので紹介します。

Amazonを見ると、なんとか壱万円以内に抑えることができたので良ければ検討してみてください。

ハイクオリティのホームシアターというわけではないので、ガチ目の方はブラウザバックかこんなのあるんだ程度に見てください。

完成版

完成したホームシアターはサムネイルにもありますが、こんな感じです。ちょっとシワが気になりますね。僕は面倒でしていませんが、アイロンがけをすることでシワは取れるみたいです。

布製のスクリーンを突っ張り棒に紐で括り付けただけの簡単な作りになっています。しかしながら、割と強度は高いので落ちる様子はありません。

 

商品・料金

商品 料金
プロジェクター 3,999円
スクリーン 1,680円
三脚 950円
突っ張り棒 2,000円〜
108円
合計 8,734円〜

 

プロジェクター

Amazonで一番コスパの良さそうなプロジェクターを探したところ、画像のプロジェクターが良いみたいです。

僕は壱万円以上するプロジェクターを使っているので、安心したいのであればもう少し高いプロジェクターを買っても良いと思います。

Amazonのカスタマーレビューも割と充実しており、参考にしてみると良いと思います。

レビューを見ているとやっぱり不満はないわけではないが、この価格帯でこの性能なので凄く満足しているという声が多かったです。

HDMIやUSBなど、大抵のプロジェクターが対応している端子には対応しているので安心ですし、保証も3年間あるので不具合があってもなんとかなります。

プロジェクターのAmazonリンク

 

スクリーン

せっかくなので大きいスクリーンが良いと思ったので僕は100インチのスクリーンを購入しました。

100インチ以上だともうちょっと高いプロジェクターじゃないと満足な画質はでなさそうなので、100インチのスクリーンが一番ちょうど良いと思っています。

折りたたむことができるため配送された時点でも折りたたまれており、少し型が付いている可能性がありますが、アイロンを当てれば綺麗になります。

特に立て掛ける用の道具は付いてこないので設置するには突っ張り棒と紐を使うことが求められます。見た目を重視する方はAmazonに色々あるので探してみてください。

スクリーンのAmazonリンク

 

三脚

三脚はプロジェクターを立てる際に必要になってきます。プロジェクターに対して台が小さいように見えるかもしれませんが、止めることができるので心配ありません。

外に持って行かず、あまり雑に扱わなければ耐久も良いのでこの値段の物で十分です。僕も1000円未満の三脚を買いましたが、3年経った今でも現役で使っています。

レビューも充実しているので是非ご確認ください。

三脚のAmazonリンク

 

突っ張り棒&紐

こちらはAmazonで購入するとちょっと高く付いてしまうので、百均に行って買えば良いと思います。

突っ張り棒も家にあるものを使っても良いです。ホームシアターを作る部屋の幅に合わせて相応の突っ張り棒を用意しましょう。

できれば両端にゴムが付いていて滑りづらい物を購入すると良いでしょう。

僕の場合、壁がザラザラしているので突っ張り棒の下に補強用として突っ張り棒を設置していますが、本来必要ありません。

Amazon突っ張り棒一覧

 

設営手順

  1. 六畳ほどの部屋を用意
  2. 突っ張り棒を設置
  3. スクリーンにアイロンがけをする
  4. 紐でスクリーンと棒を固定
  5. おもりと紐を使って下部を固定

六畳ほどの部屋を用意

スクリーンを100インチにするならば、最低でも六畳ほどのスペースがいります。それ以下になると画面を小さくしなければいけなくなると思うので、せっかくなので六畳ある部屋を用意しましょう。

僕がホームシアターを設置している部屋も六畳です。

 

②突っ張り棒を設置

僕の部屋の壁はザラザラなので、補強用に追加で突っ張り棒を設置していますが、通常は不要です。

ただ、突っ張り棒の先にゴムが付いている物が好ましいことには変わりません。まぁ、ゴムが付いていない突っ張り棒なんてあんまり見ないですけどね。

 

③スクリーンにアイロンがけをする

僕は面倒だったので省きましたが、スクリーンにアイロンを当てた方が綺麗に張れると思います。

届いた状態では、結構スクリーンにシワが寄っていると思うので当てた方が懸命です。

 

④⑤紐で固定

スクリーンを綺麗に張るために、割と頑丈めに紐で括り付けます。

突っ張り棒に括り付ける際に気をつけることは、上下が偏らないように均等に張ることです。

おもりに括り付ける際に気をつけることは特にありませんが、引きすぎて突っ張り棒が落ちないように注意です。

 

そしたら完成。

あとは三脚にプロジェクターを取り付けて部屋を暗くすればホームシアターの完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です