「猫でもわかるC言語プログラミング」は初心者には絶対に向かない!書籍レビューしました!

はるかす
こんにちは、はるかす(@mametyralove)です。

※この記事は筆者個人の意見でしかありません。

プログラミングを一から始めようと思ったけどなんの言語をやれば良いかわからない…でもC言語って聞いたことあるからやってみようかな。

なんて思った方って結構いらっしゃると思います。こんな僕も、中学2年生くらいの頃に初めてプログラミングの本を買って勉強しようと思いました。

それで買ったのが今回のテーマ「猫でもわかるC言語プログラミング」です。バージョンは第3版です。定価は1,900円+税。

結論から申しますと、プログラミング初心者には絶対に向かないということです。しかし、C言語の学び直しや元々プログラミングを結構やっていた方なら向いているのかもしれません。

少なくとも、中学2年生くらいの僕には理解ができませんでした。猫でもわかるというのに。

流石に猫でもわかるというのはただのキャッチフレーズであるということは理解しております。でも流石に言い過ぎだと思いました。

どんな本なの?

本の目次
  1. プログラムのしくみ
  2. C言語の基本
  3. 変数とデータ型
  4. 式と演算子
  5. 制御文
  6. 関数
  7. ポインタ
  8. 配列・文字列とポインタ
  9. 構造体
  10. ファイル入出力
  11. 高度なプログラミング

初心者が見たら「難しそう…」と思うかもしれませんが、これは割と普通にある目次だと思います。

まず最初にプログラミングとはなんぞや?という疑問を解決し、学んでいく言語について解説、そこから順を追ってプログラムの書き方を解説していく。

割と普通にある目次ですが、内容が初心者に優しくないんですよね。そこらへんを見ていきましょう。

かなり詳しく書いてある

C言語がわかる人が見れば、学び直しには良いみたいです(Amazonのカスタマーレビュー参考)。それくらいのボリュームはあるとのこと。

一方で、内容が間違っているところもチラホラあるみたいです。結局僕はこの本でC言語が理解できなかったので、こちらもAmazonカスタマーレビュー参考ですが。

プログラミング言語と周辺ツールは時代によって変化していくので、その過程で変わってしまったのかもしれません。

初心者には優しくない

問題はここなんです。少なくとも中学生の頃の僕には到底理解できないような内容でした。

まず「第1章プログラムのしくみ」から内容が深すぎます。2進数?ビット?メモリ?わからない言葉ばかり出てきて説明されますが、説明一つ一つがちょっと浅いので何が書いてあるのかわからなくなります。

まずはここで躓く人が多いと思いますが、こんなのはわからなくてもプログラムは書いて動かせるのでとりあえずスルーすることはできます。

では、C言語の解説の部分ですがここが一番わかりづらかったです。極端な例えですが、英語の授業を中国語でされているような感じでした。

プログラムの例を出して、一文ずつ解説を入れているのですが、その中で訳のわからない単語が多く出てきます。

いや、プログラムのしくみの所で解説されたものも多いんですよ。しかし、そこで完全に理解できる初心者なんてほぼいないわけです。そんな感じで混乱して脱落していくんですよ。

はるかす
初心者から見るとわけわけわからない文章になっていることを有識者は気付きづらいんですよね。

プログラミング経験者向けの本

僕は今、他の勉強方法(あとで解説しています)でWEB制作ができるようになり、個人でWEBサイトを作れるくらいにはなりました。下の中くらいの実力という自己評価です。

そんな感じになった頃に読み直すとギリギリ理解できるくらいでした。

僕の頭が悪いだけという可能性もありますが、やっぱり初心者には向かないと思いますね。

初心者にオススメの言語・学習法

WEB制作をする

WEB制作で主に使う言語は他のプログラミング言語よりは比較的簡単です。特にHTMLとCSSというWEBサイトの見た目を作る言語は非常にわかりやすいし、学習コストもめちゃくちゃ低いです。

また、WEB制作では色々なものを扱います。WEBサイトの見た目だったり中身のシステムだったりデータベースだったり通信のことだったり。

入門の難易度は非常に低い割には幅広くITのことについて学ぶことができます。僕もまだ学びきれていませんし、これからも勉強していきます。

オススメの学習方法

そもそも書籍でプログラミング入門するなんて時代にそぐわないし間違っていると思います。

僕がオススメするのはProgateというプログラミング学習サービスです。

HTML&CSSの講座ならある程度は無料で学ぶことができます。それ以上やるとしても月額980円(税抜)なのでそこまで高くはありません。

Progateではプログラミングの入門として大人気のサービスで、僕も最初の頃は非常にお世話になりました。時折新しい講座も追加したりしているみたいです。

関連記事:【レビュー】Progateを半年使ってみた感想 プログラミングは上達したのか!?

レビュー記事も書いてあるので興味があればご覧ください。

初心者にオススメできない言語

Swift

Swiftとは主にiOS系統のアプリケーションを制作するために用いられるプログラミング言語です。基本的にはMacOSでしか環境を整えることができません。

さらに、これが結構複雑なんです。

僕はSwiftに手を出したことがありましたが、学習コストが高めなのと難易度の高さで挫折しました。

覚えなければいけない概念や文字列多くて非常に難しかったのでオススメしません。

C言語

C言語はあまりわかりにくいとは聞かないのですが、直感的に理解することが難しく感じたのでオススメはできないです。

僕がこの本で理解できなかった理由に、C言語そのものの側面もあると思います。

最後に・・・

今回は「猫でもわかるC言語プログラミング」という本について苦言を呈しました。

僕はこの本が良いとは思いませんでしたが、猫でもわかるシリーズは他にも沢山あるのでそちらの方はまだわかりません。読んだ方がいれば感想をください。できればプログラミング初心者の方で。

やっぱりプログラミングは実践的に何度も繰り返して覚えていくものであると僕は思いました。Progateではそんな理想を叶えてくれるので是非お試ししてみてください。

Progate公式サイト
Progateレビュー記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です