【レビュー】MIX PENLa PRO(ミックスペンラプロ)のコスパが最高すぎる【使い方】

はるかす
こんにちは、はるかす(@mametyralove)です。

今度アイドルマスターのライブビューイングに初めて行くことになり、ペンライトが必要っぽかったのでAmazonの評価を見て「MIX PENLa PRO」購入しました。

Amazonリンク:MIX PENLa PRO Mサイズ

ペンライトに関しては全くのド素人だったのでどんな感じに光るのかわかっていませんでしたが、届いてライトをつけて見るともう感動しました。

もうめちゃくちゃ綺麗でした。ブログで出している画像では光が上手くカメラに入らなかったのでそうでもないですが、実際は5倍くらい綺麗です。

というわけで、この記事では「MIX PENLa PRO」のレビューをしていきます。後半にはペンライトの操作方法も掲載しています。

ペンライトの購入で悩んでいる方や、誰かにオススメしたい方は是非ご覧ください。

MIX PENLa PRO

  1. 1,827円⇦超安い
  2. 24色の光に対応
  3. ボタンは側面に2つだけの簡単操作
  4. メモリー&カスタム機能
  5. 誤動作防止の自動ロック機能
  6. 発熱無しLED使用で安全
  7. 特許取得済み
  8. 自作デコレーションできるシート付き
  9. ペンライトの入れ物付き
  10. 手につけるためのストラップ付き

24色の光に対応

記事の後半で全ての色を画像見せておりますが、24色もの光に対応しています。

主要な色は大抵揃っているので MIX PENLa PRO を一本持っていればペンライトの色で困ることはないのではないかと思います。

しかしながら、黒色は出ないので黒色を使うライブでは黒対応のペンライトを別途用意する必要があります。

Amazonリンク:人気の黒ペンライト一覧

 

ボタンは側面に2つだけ

MIX PENLa PRO を操作するためのボタンは2つしかないため、非常にシンプルです。

色を変える場合は右のボタンを押せば昇順に色が切り替わり、左のボタンを押せば逆順に色が切り替わります

ただ、メモリー&カスタム機能を使うには感覚操作という訳にはいかないので、この後の見出しや付属の説明書をご覧にいただければと思います。

 

メモリー&カスタム機能

メモリー&カスタム機能とは、ペンライトが光る色を自分で設定できる機能です。

例えば自分はレッドとブルーとパープルしか使用しないから簡単にその3色が選べるようになったら良いなと思えば、その3色しか出ないようにすることができるということです。もちろん、元の24色出るように戻すこともできます。

 

ここでは簡単にその方法を解説しておきますね。

  1. 電源OFF状態から左ボタンを数秒間押す
  2. 点滅するので右ボタンで設定したい色までいく
  3. 左ボタンを押すと点滅が速くなり選択完了
  4. ②③を繰り返して選び終えたら左ボタンを長押しして完了
  5. 次以降、右ボタン長押しで起動すると選択した色のみになっています

 

選択状態の全解除の方法

  1. 電源OFF状態から左ボタンを数秒間押す
  2. 点滅する
  3. 右ボタンを数秒間押す

これで電源が切れ、次右ボタンで電源をONにすると元の24色の状態に戻ります。

 

誤動作防止の自動ロック機能

ライブの中に間違えてボタンを押してしまって不意にペンライトの色が変わると嫌だし恥ずかしいですよね。

そんな時のために、ある色を点灯させて11秒経過するとボタンを2連続で押さなければ色が変わらないようになっています。

流石にボタンを押してしまうことはないとは思いますが、痒いところに手が届くような良い機能だと思います。頻繁に色を変えるわけではないので、決して不便でもありません。

また、うっかりペンライトを落下させてしまっても電池が飛び出ないように工夫されて設計されているのも凄いところですね。

 

発熱無しLED使用で安全

MIX PENLa PRO は発熱しないため、ライブ中も火傷をする心配がなく非常に安全です。その証拠に対象年齢がなんと5才以上です。

そのLEDもなんだか特許を取っているみたいです。RGBWYってやつなのかな、5色のLEDを使っているみたいです。詳しくは調べてみてください。

 

ありがたい付属品

僕はペンライトの価格が2,000円未満だったので、てっきりペンライトのみ入っていて入れ物とかは自分で用意するものかと思っていたのですが、なんと「ペンライト用の袋」「ストラップ」「デコレーション用シート」まで入っていたことに驚きました。

ペンライト用の袋は黒い袋にブランド名の「TurnON」という文字が見えます。結構カッコ良さげです。

ストラップは手からペンライトが離れないようにするための奴ですね。

デコレーション用のシートは持ち手の上の部分を簡単・綺麗にデコレーションできる良いシートです。例えばパソコンで紙にプリントすれば切り取ってデコレーションすることができます。

 

Amazonリンク:MIX PENLa PRO Mサイズ

 

充電の持ち/電池の種類

必要なボタン電池はLR44型6つです。他の記事には「並列繋ぎだから3つでも問題はない」と書いていましたが、点灯時間も比例して短くなるので6つ入れておきましょう。

ボタン電池は結構高めに思われがち(自分がそうだった)ですが、10個入り2つで209円と滅茶苦茶安かったので同時に購入しておきましょう。

Amazonリンク:LR44アルカリボタン電池

MIX PENLa PRO の連続点灯時間は4〜8時間(説明書より)です。ライブ1日分は持ちそうですね。

レッド、ブルー、グリーン、ホワイト、イエローなど、LEDを1つしか使わない場合は10時間ほど点灯するみたいです。LEDの使用個数によるみたいですね。

 

出せる色の一覧

本当に画像じゃ色がわかりづらいのですが、本当に綺麗でそれぞれ全く違う色になっています。

画像で見ると同じ色に見えてしまうものもありますが、実際はちゃんと違います。

①レッド

単色なので、LEDを1つしか使わず電池が長持ちしやすい色の1つです。

非常に綺麗で純粋な赤です。

 

②エンジレッド

エンジ(臙脂)とは濃い紅色のことみたいです。

確かにそれっぽい感じがします。

 

③ローズ

名前の通り薔薇色です。

赤でもピンクない上品な色をしています。

 

④ブルー

単色なので、LEDを1つしか使わず電池が長持ちしやすい色の1つです。

こちらも非常に綺麗な青色をしています。

 

⑤ライトブルー

名前の通り、ブルーにホワイトが混ざったような色をしています。

 

⑥アイスブルー

氷って感じの色をしています。

ライブでは割と使われそうな印象があります。

 

⑦アクアブルー

水族館の綺麗な水の色をしています。

 

⑧イエロー

単色なので、LEDを1つしか使わず電池が長持ちしやすい色の1つです。

レモン色っぽいですね。

 

⑨ライトイエロー

黄色のグレープフルーツジュースがこんな色しています。

僕は非常にグレープフルーツジュースが好きです(聞いてない)。

 

⑩オレンジ

主張の強めなオレンジって感じです。

 

⑪パッションオレンジ

UOっぽさがあります。

もちろん、そこまで光は強くありませんが。

 

⑫ヤマブキオレンジ

レモンとオレンジを2:1で混ぜたような色をしています。

 

⑬グリーン

単色なので、LEDを1つしか使わず電池が長持ちしやすい色の1つです。

水族館にありそうな綺麗な緑色です。

 

⑭イエローグリーン

文字通りイエローグリーンって感じです。

 

⑮ライトグリーン

ここらへんから画像では違いがわかりにくいゾーンに入ります。

緑を少し明るくした感じです。

 

⑯ペパーミントグリーン

ライムっぽい印象があります。

 

⑰エメラルドグリーン

僕が一番好きな色です。

本当に光をてらしたエメラルドみたいで本当に綺麗です。

 

⑱ピンク

真っピンクです。

 

⑲ピーチ

ピンクがもうちょっと明るくなった感じです。

 

⑳サクラピンク

本当に桜っぽくて綺麗な色をしています。

 

㉑バイオレット

宇宙を連想させるような深い色合いが特徴です。

 

㉒パープル

食べたら葡萄の風味と一緒にスーってしそうな色をしてます(伝われ)。

 

㉓ラベンダーパープル

もろラベンダー色ですね。

当然といえばそうなんですけど。

 

㉔ホワイト

単色なので、LEDを1つしか使わず電池が長持ちしやすい色の1つです。

真実の白。綺麗。

 

まとめ

今回は MIX PENLa PRO を購入したのでレビューと使い方紹介をしてみました。また、新たな気づきがあれば追記していこうかなと思います。

本当に2,000円未満でこの性能と付属品はコスパが最高ですね。

凄くオススメできるペンライトなので、是非詳細をご覧の上購入を考えてみてください。

Amazonリンク:MIX PENLa PRO Mサイズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です